祈りの課題 2019年4~5月

北海道地区










■春期学校が祝福の内に終わり感謝。学生たちが日々静思の時を大事にして歩めるように。年間テーマ「Be Still」を心に留め、静まって神を知り、神に期待して生きる歩みができるように。

■各地で新入生が与えられ、学内活動を継続して行えるように。活動を持てていない釧路の地でも学内聖研ができるように。

■4月13日の北海道KGK年会のために。協力会活動報告の他にエイリン・ナタナエル宣教師の感謝会、橋本一空GAの就任式、学生会紹介や「学生宣教の今」についての座談会を行います。

■4月29日~5月1日の道東合宿、5月2~3日の卒業生会 恋愛・結婚合宿の祝福のために。参加する一人一人が交わりの中で励まされ、学びを深められるように。

■杉本主事の巡回が守られ、学生たちとよく交われるように。橋本一空GAの新たな働きのために。

東北地区






■春期学校が無事に終わり感謝。

■地区役員の引き継ぎと、夏期学校の準備委員会をはじめとした次年度の備えが十分になされていくように。

■永井創世新主事の引越が無事に終わり感謝。ご家族の生活が落ち着き、仙台での生活と働きが祝されるように。

北陸地区






















■新年度に新しい学生が各学内に与えられ、コンタクトをとることができるように。また学生たちが勇気をもってチラシ配りができるように。

■学内に集っているノンクリスチャン学生に寄り添う学生がさらに与えられ、ノンクリスチャン学生が救いに導かれるように。

■各県の毎月の県別祈祷会にもノンクリスチャンが集っています。祈り、祈られる関係がさらに深められ、神の愛を証することができるように。

■新年度の運営員の働きのために。神に誠実に働きつつ、北陸地区全体が成長していくことができるように。

■学内の聖書研究会だけでなく、学内祈祷会を行う学内が増やされ、神により頼み学内生活ができるように。

■北陸地区の財政が守られ、宣教の業が更に進められるように。

■協力会の働きが守られ、さらに北陸の諸教会にKGKの働きを知ってもらうことができるように。また、奉仕してくださる協力会の先生たちの守りのため。

■各県卒業生会が守られ、御言葉に生かされて、遣わされた地で福音に生きることができるように。

関東地区





















■2月25日(月)~3月1日(金)にKGK全国集会(NC)が関東地区ホストで行われました。神様が大きく祝福してくださり、大変恵まれた時なりました。お祈りありがとうございました。NCに参加した学生たちが、これからも遣わされた地で「わたしがいる」と神様に応答していけますように。

■4月から、主事たちの研修も兼ねた主事会セミナーが年に5回開催されます。講師は野村天路先生(JECA生田丘の上キリスト教会牧師)です。卒業生や学生の参加も自由です。刺激的な学びとなりますように。

■5/11(土)に関東地区新入生歓迎会が行われます。多くの新入生が集まって、KGKについて知り、それぞれの学内やブロックにつながるきっかけとして用いられますように。上級生が御言葉から教えられて、新入生や初めての人をもてなすことができますように。メッセージを担当する吉澤慎也主事のために。

■5/31(金)~6/1(土)にリーダー訓練合宿が行われます。学内、ブロック、地区で役員として奉仕している学生たちや、リーダーシップをとっている学生たちの多くが、この合宿に参加できますように。

■6/17(月)に協力会主催のKGKオープンセミナーが開催されます。学生宣教に重荷のある教会の牧師、役員、信徒が大勢集められ、良き学びと交わりの時となりますように。講演者の会田美雪主事のために。

東海地区











■年間テーマ「神愛、人愛、支え愛〜キリストの体として生きる」のもと、神様の愛を受けて互いに愛し合っていくことができるように。

■各学内聖研のために。新たな学生、未信者が来れるように。

■新入生がKGKに繋がり、福音に相応しく生きることを励まし合えるように。5/10-11新歓合宿のために。

■6/14-15静岡合宿のために。初めての試みになるので準備が守られるように。

■河野勇也主事、山口翔主事、リケン・ユディット主事の働きと霊性のために。

関西地区

















■2/25-3/1に行われる全国集会(NC)に関西地区から43人が参加しました。3/12-14に行われた春期学校は、79名の学生(うち0回生が11名)が参加しました。どちらも良い学びと交わりの時になりました!

■新学期からの各学内・ブロック・地区に、新しい学生が与えられるように。

■各学内や各ブロックの新歓が祝福されるように。

■5/24〜25に行われる関西地区の新歓合宿のために。

■夏期学校パート1、パート2の準備が守られるように。

■卒業生会の働きが、学生支援とお互いの交わりのために用いられますように。

■GAの働きを終えられた清水祐太朗兄のこれからの歩みも守られるように。

■関西地区の経済的な必要が満たされるように。

中四国地区




















■春期学校が祝福のうちに終えられて感謝。新年度への励みとなるように。

■7月の西日本語豪雨で被災した地域(特に岡山の倉敷、広島の呉、愛媛の宇和島など)の方々の生活ために。地域の教会のネットワークによる災害支援の働きが用いられるように。KGKも継続して仕えていくことができるように。

■各学内、各県での学生宣教の働きのために。すべての大学にクリスチャン学生が遣わされ、コンタクトが取れるように。各学内にクリスチャンの新入生が与えられるように。

■山陰(鳥取、島根)での学内宣教が活発に進められるように。

■学生たち、卒業生たちが遣わされた地で福音に生きることができるように。

■各県のOB会がよい交わりと祈りと支援を励ます時になるように。

■中四国地区の学生伝道のための働き手がさらに起こされるように。主事を複数化できるように。

九州地区




















■熊本大分地震で被災された方々のために。KGKが九州キリスト災害支援センターを通して長期的に関わり、よりよく仕えていけるように。

■学生の信仰の成長と教会生活の守りのため。各学内や月例会に与えられた新入生が続けて学内にこれるように。

■忙しさの中でも自分自身が神の前で静まり、よく祈り御言葉に教えられ、戒められ、成長できますように。

■巡回が多い中で、夫婦の関係、家族と交わりも支えれますように。2人の子供がイエス様を信じることができますように。また協力者の働きや家族の守りのために。

■運営委員会、KGKの組織の安定。学生同士が良き信頼関係の中で協力して仕えあえるように。

■全県で卒業生会がもたれるように。

■この3年で九州が複数主事化できるように。財政が守られますように。

■2019年の夏期学校の準備のために。2020年3月の KGK主催中高生キャンプ「たまご2」の準備のために。

沖縄地区

















■琉球大学聖研が沖縄地区初の大学公認サークルとなりました。主に感謝します!

■卒業生たちのこれからの信仰の歩みのために。完全にメンバーが入れ替わって新しくなる学生会役員たちのために。在住主事がいない中で活動をすることになる沖縄の学生たちに、主からの助けと知恵と守りがあるように。

■5月18日に行われる新入生歓迎会で新しい学生たちと繋がることができ、交わりが深められるように。

■琉球大学、名桜大学、沖縄キリスト教学院大学で続けて聖研と祈り会が持たれ、新たな学生たちが加えられ、主の働きが沖縄の地で進められるように。

■3月をもって比嘉萌沖縄地区在住主事が退職し、吉澤主事も責任主事としての沖縄の担当を終え、4月からは成実朝子主事が関西地区と兼任で沖縄地区責任主事として赴任します。比嘉主事の神学校での学びと吉澤主事の学生宣教局長としての働き、成実主事の沖縄での新しい働きが、豊かに祝福されるように。

全国事務所










■大嶋総主事をはじめ、主事会運営委員(吉澤主事・矢島主事・小川主事・油木主事・池淵主事)が適切に全国の働きをフォローできるように。

■全国卒業生会担当主事の小川主事の働きのために。全国の卒業生を励ましていくことができるように。

■全国事務局の働きが守られ、学生伝道の最前線のためにより良く仕えられるように。

■8月に開催予定の東アジア地区卒業生大会(EAGC)準備を担っている卒業生たちのために。各地の卒業生の交わりが豊かになるように。