祈りの課題

北海道地区










■前期の活動が守られてきたことを感謝します。続けて未信者の学生たちがキリストを知り、教会につながり、救いへと導かれるように。信仰告白している学生の信仰の歩みが守られるように。後期も各学内・ブロック継続して活動できるように。

■8月16-19日の夏期学校のために。テーマは「シン・ジタラ~あなたにとって聖書は『現実』か、『虚構』か。」何を信じるのか、信じるとは何か、信じたらどうなるのか。学生たちと一緒に考え、主イエスを信じることの幸いを味わえるように。講師の鎌田主事のために。

■9月16日(土)に、北海道KGK40周年記念集会を行います。記念講演の講師は波多康先生(北海道KGK元主事)です。これまでの歩みを主に感謝するとともに、学生宣教の働きの必要性を覚える時となるように。日本宣教を考える時となるように。講師の波多先生のために。

■12月下旬に行うイシュ・イシャ合宿の準備が守られるように。

■杉本主事、ナタナエル非常勤主事の働きのために。学生一人一人と深く関われるように。

東北地区









■夏期学校の準備をする山形の学生たちのために。山形から初めて地区の活動に参加する学生たちが、後期の活動にも繋がるように。

■夏期学校に参加する学生たちのために。特に求道者の学生が、イエス様と出会うことができるように。

■9月にもたれる有志の男性合宿のために。卒業生共に、聖書の示す男性のあり方について学ぶ予定です。

■9月-10月にもたれる卒業生会の活動のために。多くの方が集い、充実した交わりの時となるように。

北陸地区










■夏期学校に参加した学生が学内活動や地区活動に重荷をもって参加できるように。

■学内で救いわれるたましいが後期も起こされるように。

■秋の全協プレゼンツの学び会が祝され、よき学びとなり、チャレンジが与えられるように。

■10月に行われる卒業生合宿のために。

■留学生のための活動が行われるように、また、そのための祈り会のために。

関東地区











■夏期学校(8/22-25@松原湖)とチャレンジキャンプ(8/29-9/2@松原湖)に参加した学生が救われ成長させられ、その後の主との歩みが祝されるように。

■9/9(土)に学生と卒業生が一堂に集まる合同祈祷会、「時をかけるブロック祈祷会」が持たれます。学生と卒業生のよい交わりと励ましのひと時となるように。

■後期の学生会の活動がスムーズにスタートすることができるように。

■10/13-14にKGK合宿Ⅱが持たれます。この機会が主を仰ぎ、KGK活動の意味を確認するよい機会とされるように。

東海地区












■8/29~9/1夏期学校のために。求道者が救いに導かれるように。準備委員のために。講師の小山健先生のメッセージのために。

■9/29~30聖研訓練合宿のために。聖研の準備と司会に必要なことを学び、後期の学内聖研へと励まされていくことができるように。

■9/30ポスト夏期のために。夏期学校の参加者が後期のKGK運動に繋がっていくことができるように。

■KGK運動を担う志が与えられ、会員となる学生が起こされるように。

■吉澤主事、河野主事、山口GAの身体 と心と霊性とが守られ、良い働きをしていくことができるように。

関西地区


















■前期の活動も守られて終えることができ、感謝しています。

■8月12日に行われるブリッジ(「アジアとの架け橋になる」という意味の集会)のために。

■8月23-25日に行われる夏期学校part1「六甲 meets Jesus」(ヨハネ15:16)に多くの未信の学生が参加できるように。クリスチャン学生が友人を誘うことができるように。

■9月5-8に行われる夏期学校part2「ROAD of the LORD ~主を認めたい!~」(箴言3:5-6)で、神様を認めて生きることを学ぶことができるように。

■9月30日に行われる222クラブpartⅡ(献身について考え祈り合う会)が良い時となるように。

■4月からGAになった清水祐太朗 GAの働きが守られるように。学生たちと良い信頼関係が持てるように。

■17年度の経済的な必要が与えられるように。

中四国地区

















■夏期学校(2017/8/22-25)のために。

■9/23(土)の中四国KGK全体の地区集会が祝されるように。

■財政が満たされるように

■各学校にクリスチャンの学生が起こされ、KGKのグループができるように。

■学生が少ない鳥取、島根、山口での学内宣教のために。

■学生、卒業生がキリストにある成人として立っていけるように。

■各県のOB会がよい交わりとなり、祈りと支援を励ます時になるように。

■中四国の学生伝道のために働き手が起こされるように。

九州地区










■2017 年度も各県の学内活動や月例会が守られますように。 引き継ぎもきちんとなされますように。

■学生たちの信仰が健やかに育ちますように。教会生活も守られますように。

■主事、協力者の霊性と健康が守られますように。また家族も守られますように。誠実に神様と学生にお仕えできますように。

■ファンドレイズが満たされますように。

沖縄地区






















■8月28〜31日に行われる夏期学校のためにお祈りください。「PPAP〜あなたと私とキリストと〜」をテーマに、関西地区の池淵主事を講師としてお迎えし、県内外からの未信者を含む学生たちが参加します。福音を聞き、イエス様を信じる学生が起こされるように。学生たちの信仰が励まされ、喜びのうちに日常に遣わされて行くことができるように。また、主の愛によって一致しながら備えていくことができるよう、講師の方々や奉仕する学生たちのためにもお祈りください。

■沖縄キリスト教学院大学で帰国者の学生を中心に学内活動が始まっており、感謝です。夏期学校で励まされた学生たちが、後期も名桜大学、琉球大学、沖縄キリスト教学院大学での定期的な活動を主体的に担っていくことができるように。

■学生一人一人の信仰が日々励まされ、キリストのからだとして互いを愛し、教会を愛し、主を愛する者として成長していくことができるように。

■卒業生会が動き始めています。毎月の祈祷会が守られ、それぞれの信仰生活を励ましあうことができるように。

■吉澤責任主事、比嘉在住主事が霊肉すこやかに働くことができるように。

全国事務所













■70周年記念大会が11/3(金)-4(土)に玉川聖学院にて開催されます。多くの現役学生と卒業生が集うことができるように。(会場は700名規模、参加申し込みを受付中です。)

■財政の必要が満たされるように。特に70周年記念献金は、8月上旬現在、達成率51%です。

■大嶋総主事をはじめ、主事会運営委員が適切に全国の働きをフォローできるように。

■事務局の働きが守られ、学生伝道の最前線のためにより良く仕えられるように。

■卒業生の交わりが豊かになり、学生伝道支援へとつながるように。