祈りの課題

北海道地区










■春期学校のためにお祈り下さり感謝します。30名の学生が道内、道外から集められ、交わりと御言葉から励まされて、それぞれの学内に遣わされていきました。新年度、各学内で継続して祈り会と聖書研究会をもって行けるように。

■5月13日の札幌ブロック新入生歓迎会、各学内、ブロックでの新入生歓迎会が祝され、多くの新入生を迎えることが出来るように。KGKスピリットの継承のために。地区のために祈り仕える新年度の地区役員(実行委員4名、全協2名)の働きが守られるように。

■8月16-19日の夏期学校の準備が守られるように。準備委員一人一人誠実に働けるように。

■9月16日に札幌で北海道KGK40周年記念集会を行います。記念集会と、記念誌発行へ向けて準備が守られるように。これまでの歩みを思い返しては主に感謝し、今後のKGK運動を考えるときとなるように。

■杉本主事、ナタナエル非常勤主事の巡回が守られ、学生たちとよく交われるように。運転が守られるように。

東北地区









■学生たちの証のために。今年度は「福音宅急便」というテーマを掲げて、地区活動をすることになりました。一人一人の学生が福音をよく理解し、分かち合っていくことができるように。

■新入生のために。それぞれの学内でなされている新歓、また5月の第1週、第3週にもたれる地区の学び会が用いられるように。

■夏期学校の準備のために。今回は、山形大学の学生が中心になって準備を進めてくれています。交わりが祝され、良き準備ができるように。

北陸地区





















■3県(富山、石川、福井)の学生の県別祈祷会などの活動が続けて行えるように。特に去年から再開できた富山県別祈祷会のために。

■新入生が学内活動に定着し、神の御言葉をすべての領域で応答していくことができるように。

■卒業生会の働きのために。特に今年から始まった福井県卒業生会が続けて行うことができるように。また、北陸を担う卒業生が起こされていくように。

■協力会の働きのために。KGKをよりよく知ってもらい、KGKが北陸宣教の役に立つことができるように。

■夏期学校準備委員会のために。必要な準備委員が立てられ、北陸の学生に必要な学びが与えられるように。

■集会の祝福のために。
5月27日の新入生歓迎会のために。新入生がKGKをよく知り、楽しむことができるように。またそのために適切なフォローを上級生ができるように。6月の聖研いってきます月間のために。学生がそれぞれの学校に励ましに行くことができるように。

■飯沼主事のために。早く北陸に慣れて、北陸の宣教をサポートできるように。

関東地区













■新入生の紹介を感謝します。学内活動につながっていく新入生が起こされるように。

■5/13(土)にもたれる新入生歓迎会に、大勢の新入生が参加できるように。

■5/20(土)には、卒業生会で新卒者歓迎会がもたれます。新社会人たちが遣わされたところで証しをすることができるように。

■夏期学校、チャレンジキャンプの準備が始まっているので、準備委員会の交わりが祝され、良き準備をできるように。

■新主事として働きを始めた、末吉寿子主事、リチャード・イースト宣教師、柴田佳苗GAが新しい働きに慣れ、学生に仕えることができるように。

東海地区















■新入生が50人与えられるように。

■地区、各ブロックの新運営役員が決まりました。彼らの働きが用いられ、東海地区が神様のために働くことができますように。

■各学内が今年度に向けて始動しつつあります。新入生が神様における成長のため、KGKでたくさんの学びをすることができますように。また、これまで少人数で活動していた学内に学生が与えられますように。またノンクリスチャンの学生が神様と出会う、きっかけとなりますように。

■新たな学内活動が与えられますように。

■疲れを覚えている学生がいます。彼らが、日々の生活の中で神様の恵みを覚えつつ、励んでいけますように。

■今年度から新しいGAと協力者が与えられました。感謝です。彼らが学生とよりよい交わりがもて、祈りあう関係になれますように。

関西地区

















■3月6-9日に行われた春期学校(講師:岩上祝仁先生)は、学生70名が参加し、良い学びと交わりの時となりました。感謝。

■学生たちが、2017年度の関西地区のテーマ『伝えたい、しっかりやりたい、応えたい!~時が良くても悪くても~』(Ⅱテモテ4:2)にあるよう  にみことばを宣べ伝えることについて、自分から「やりたい」と変えられていくように。

■各学内・ブロック活動に新入生が与えられるように。(4/29 阪奈和ブロック新歓  5/9 京滋ブロック新歓 5/20 兵庫ブロック新歓)

■5月26-27日に行われるキックオフキャンプ(関西地区全体としての新歓)の祝福のために。

■4月からGAになった清水祐太朗 GAの働きが守られるように。学生たちと良い信頼関係が持てるように。

■16年度の関西地区は支援が大きく減少しました。今年度、経済的な必要が与えられるように。

中四国地区
















■春期学校(2017/3/13-16)に多くの参加者が与えられ、よい時になり感謝。

■各学校にクリスチャンの学生が起こされるように。新入生が与えられるように。

■学生が少ない鳥取、島根、山口での学内宣教のために。

■関わりのある求道者の学生がさらに信仰の決心と救いに導かれるように。

■学生たち、卒業生たちが遣わされた地で福音に生きることができるように。

■各県のOB会がよい交わりと祈りと支援を励ます時になるように。

■中四国の学生伝道のための働き手がさらに起こされるように。

九州地区









■2017 年度も各県の学内活動や月例会が守られますように。

■学生たちの信仰が健やかに育ちますように。

■主事の霊性と健康が守られ、主事の家族も守られますように。多くの責任を担う主事が、しっかりとその責任を果たせますように。

■ファンドレイズが満たされますように。

沖縄地区
















■3月に行われた九州地区の春期学校に沖縄から3名の学生が参加し、大いに励まされ、感謝でした。重荷を持ち始めた学生たちが、これから主体的に沖縄地区を建て上げて行くことができるように。

■新入生が与えられ、地区活動と学内活動につながることができるように。6月10日には新入生歓迎会が行われる予定です。

■4月30日に行われる70周年沖縄地区プレ大会のために。沖縄の諸教会にKGKの働きを知っていただき、祈り支えていただく機会となるように。

■5月から本格開始する学内活動のために。特に琉球大学と名桜大学で定期的な聖書研究会を持つことができ、リーダーが整えられメンバーが与えられるように。

■吉澤責任主事の働きと家族が守られるように。比嘉在住主事の働きと学びのために。

全国事務所








■大嶋総主事をはじめ、主事会運営委員が適切に全国の働きをフォローできるように。

■70周年に向けて財政の必要が満たされるように。

■事務局の働きが守られ、学生伝道の最前線のためにより良く仕えられるように。

■卒業生の交わりが豊かになり、学生伝道支援へとつながるように。