祈りの課題 2019年10-11月

北海道地区















■8月の夏期学校が祝され感謝。後期も各学内、ブロック活動を通してみ言葉がそれぞれの日常で語られるように。未信者の学生たちが教会へ、救いへと導かれるように。

■11月3‐4日の卒業生会ファミリー合宿が それぞれの夫婦関係を見つめなおす良い機会となるように。 講師として来てくださる大嶋総主事ご夫妻のために。

■11月4日のWTP公開収録 in 北海道、11月9日のOpen KGKの各集会が用いられるように。 参加者がKGKの働きを知る時となるように。

■12月26-28日のイシュイシャ合宿の準備が守られるように。 参加する学生が起こされ、学びと交わりを深める時となるように。

■杉本主事、橋本GAの道内の移動が守られるように。 学生一人一人との関わりの上に主からの知恵が与えられるように。



東北地区













■夏期学校(学生参加29名)と会員合宿(会員16名参加)が祝福されたことの感謝。その後の学生の歩みのために。

■後期に新しく学内グループ活動が立ち上がりそうな学校が複数あります。動機付けられた学生が良く準備し、主事や協力者や顧問等の必要な助けを受けながら、主の御心にかなう場所を作ることができるように。

■新潟の学生達による春期学校準備委員会が立ち上がりました。準備委員ひとり一人の奉仕と、学生生活・教会生活のために。

■年末合宿(12/26-28)の準備のために。今年は「恋愛・結婚」のテーマで、大嶋重德総主事が講師です。

■永井主事の巡回の守りのために。留守の間の家族の安全のために。

北陸地区

























■夏期学校に参加したノンクリスチャンたちが続けて聖研に参加をし、信仰告白まで導かれるように。

■後期の聖書研究会の予定がしっかりと組まれ、御言葉と祈りによって整えられるように。

■11月の聖研強化月間において、新しい学内で聖研が起こされるように。またそのために地区が祈り、支えることができるように。

■学生会運営委員会、春期学校準備委員会など各委員会が必要な働きを誠実に行うことができるように。

■来年度の運営委員が与えられるように。それも含め、後輩を育てていく北陸地区となるように。

■隣人を愛し、クリスマスに向けて友人を聖研や教会に誘う勇気と知恵が与えられるように。

■卒業生役員たちの奉仕が守られ、知恵が与えられるように。

■卒業生会が祝福され、互いに励ます場として用いられるように。また学生たちを覚え、祈り励ますことができるように。

■協力会運営委員会の働きを通して、KGKをアピールしつつ、地区の教会に仕えていくことができるように。特に、11月23日に開かれるKGKセミナーのために。「福音と文化」というテーマで蔦田崇志先生に講演してもらいます。知恵深く日本の文化を考え、日本の中で歩んでいくことを考えるきっかけとなるように。



関東地区


















■8/20~23にもたれた夏期学校と8/27~31にもたれたチャレンジキャンプが祝福されたことに感謝。様々な決心(信じる、洗礼を受ける、学内活動を始める、教会に仕える、牧師・宣教師になるetc…)が与えられた学生たちの今後の歩みのために。福音の豊かさを知り続けることができるように。

■後期の各学内・ブロック・地区の働きのために。メンバーが主体性を発揮し、それぞれの交わりが深まり、広がっていくことができるように。新役員の依頼も始まっているので、ふさわしい学生が立てられるように。

■学園祭に出展する学内グループのために。準備期間・当日の働きが証しとなっていくことができるように。

■10月は世界宣教月間です。各ブロックでもたれる世界宣教祈祷会が祝福され、学生たちの視野が広がっていくように。各学内に送られた留学生たちのための祈り手が起こされていくように。

■10/4-5にもたれる福音伝えたい会合宿のために。伝道が励まされ、12月のクリスマスシーズンに向けて、未信者の友人たちの救いを求める祈りが起こされるように。

■学生たちの遣わされた地で福音に生きる歩みを主事たちが生き方とことばによって励ましていくことができるように。

東海地区




















■夏期学校の参加者61名中9名の未信者の参加があり感謝。未信者の学生が学内活動、教会に繋がり、救いに導かれるように。

■後期の学内活動を通して未信者が神様を知ってけるように。キリスト者学生が霊的に成熟していけるように。

■KGK運動に参与していく新会員が起こされるように。

■来年度地区委員が神様の導きの中で立てられていくように。

■10月は「キリストのからだ強化月間」です。ペアで一週間、静思の時の分かち合いをします。より深く神様のことを知り、互いのことを知るときとなるように。

■10/25~26「互あい合宿」のために。「互いに愛し合う」ことを学びます。講師の関昌宏先生(COG春日井栄光キリスト教会)のために。

■11月22~23会員合宿、総会のために。話し合いを通して、東海地区の働きが建て上げられていくように。

■12月各ブロックのクリスマス会に未信者が導かれ、キリストを知ることができるように。

■河野主事、ユディット主事、山口主事の働き・生活が守られるように。

関西地区



















■8/3に行われたBridge、伝道目的のKGKサマーキャンプ(夏期学校パート1)、クリスチャン向けのKGKバイブルキャンプ(夏期学校のパート2)は、豊かに祝福されて終えることが出来ました。 感謝!

■後期の各学内・ブロックの活動が守られるように。特に夏期学校に参加した学生たちが続けてKGKの交わりに参加出来るように。

■10/25-26に行われるオータムキャンプ&バイブルエキスポ(講師:鈴木俊見主事)のために。

■10/13-14に行われるΣファミリーキャンプ、11/3-4に行われる若手合宿が、卒業生にとって良い交わりと学びの時になるように。

■2020年4月より小野田良恵姉が関西地区の主事になることが決まりました!それまでのお仕事が守られるように。必要な準備が整うように。

■関西地区の経済的な必要が満たされるように。



中四国地区























■2018年7月の西日本語豪雨で被災した地域(特に岡山の倉敷、広島の呉、愛媛の宇和島など)の方々の生活、町々の復興ために。地域の教会のネットワークによる支援の働きが用いられるように。

■各学内、各県での学生宣教の働きのために。すべての大学にクリスチャン学生が遣わされ、コンタクトが取れるように。各学内にクリスチャンの新入生が与えられるように。

■2019年度に新しくはじまった学内グループ活動が継続して学内伝道を進めていけるように。

■学生たちが「あなたがいるから、できることがある」の地区テーマを自分のこととして考え、行動していけるように。

■各県のOB会がよい交わりになり、支援を励ます時になるように。

■10月の学生会の会員総会が良い時になるように。

■11月の集いが学内活動を励ますものとして用いられるように。

■12月の年末合宿「キリスト者として生きる」の準備のために。

■中四国地区の学生伝道のための働き手がさらに起こされるように。主事が複数立てられるように。

■中四国地区の経済的な必要が主によって満たされるように。

九州地区














■熊本大分地震で被災された方々のために。大雨で被害をうけた佐賀の復興の為に。また KGK が 長期的に関わり、よりよく仕えていけるように。

■学生たちの信仰の成長と教会生活の守りのため。継続して学内活動が持てますように。

■学内や月例会や春期学校準備委員などのリーダーとして立てられている学生の霊的成長と守りのために。

■忙しさの中でも主事、協力者が神の前で静まり、よく祈り御言葉に教えられ、戒められ、成長できま すように。説教者としてもよりよく成長できますように。

■九州全県で卒業生会がもたれるように。

■財政の必要が満たされ、この 3 年で九州が複数主事化できるように。

沖縄地区












■8/27-30に行われた夏期学校は多くの支えの中で守られ、豊かな交わりと学びが出来ました。

■後期も琉球大学、名桜大学、沖縄キリスト教学院大学で聖研と祈り会が行われ、主の働きが沖縄の地で進められるように。活動がある学校にもまだない学校にも、新しくKGKに関わる学生が起こされるように。

■参加している学生たちがすべての面で守られ、キリスト者として成長していくように。

■卒業生たちの歩みのために。卒業生聖研(月1回開催)が祝福された時となるように。

■沖縄在住主事がいない中で、すべての活動が守られるように。沖縄地区担当の成実主事(関西地区と兼任)、協力者の譜久島師、平野師のために。

国際










■2018年5月時点で、日本国内では29万人以上の留学生が大学・大学院・高専・短大・専門学校・日本語学校で学んでいました。クリスチャンの学生が教会やキリスト者の交わりとつながれるように。未信者の学生が日本にいる間、イエス様と出会うことができるように。

■KGKの活動にも留学生が参加しています。引き続き、より多くの留学生がKGKの学内・ブロック・地区・全国の活動に参加できるように。留学生と日本人学生が協力して主を証しできるように。

■国際(留学生ミニストリー、海外交流)を担当する鎌田主事、島田主事、R. デットレフス主事、ティー主事のためにお祈りください。

全国事務所







■大嶋総主事をはじめ、主事会運営委員(吉澤主事・矢島主事・小川主事・油木主事・池淵主事)が適切に全国の働きをフォローできるように。

■全国卒業生会担当主事の小川主事の働きのために。全国の卒業生を励ましていくことができるように。

■全国事務局の働きが守られ、学生伝道の最前線のためにより良く仕えられるように。

■主事会内の役割の引き継ぎが守られるように。