祈りの課題

北海道地区










■お祈りいただいていた北見工大、酪農学園大の活動を再開することができました。お祈りに感謝します。活動を継続していくことができるように。学内・ブロックでもたれるクリスマス会が用いられるように。

■12月26-28日のイシュイシャ合宿のために。スカイプで準備委員会を行っています。準備が守られるように。講師の田中満矢師ご夫妻のために。学生たちが性について聖書から教えられ、結婚や与えられている性の祝福を知ることが出来るように。

■3月13-16日の春期学校の準備のために。0年生の参加や、卒業生から後輩へとKGKスピリットを継承する時となるように。

■杉本主事、エイリン非常勤主事の働きのために。路面凍結の中、冬道の巡回が守られるように。

東北地区








■クリスマス期間の伝道の業のために。学生たちの証が用いられるように。

■年末合宿のために。テーマの「礼拝」について深く学ぶことができるように。講師の永井創世神学生の奉仕が豊かに用いられるように。

■春期学校のために。準備をしている新潟の学生、講師の山岸直生先生(五十嵐キリスト教会)の上に祝福があるように。

北陸地区











■クリスマスの諸行事でノンクリスチャンが福音に触れて、救いに導かれるように。

■運営委員会の引継ぎが始まっていきます。一人一人が奉仕を喜びつつ、よき成長の機会となるように。

■2月の協力会総会のために。協力する教会・卒業生が一年の恵みを確認し、また次の一年へ期待していく総会となるように。

■春期学校準備委員会が守られ、春期学校をよき時として過ごすことができるように。

■3月の卒業生が多い年となっている引継ぎが守られ、また新しい担い手が起こされていくことができるように。

関東地区











■10/13-14にもたれたKGK合宿Ⅱには140名の学生参加があり祝されたことを感謝します。

■70周年記念大会では、関東地区の学生会からKDK(KGKダンス部)と学生オーケストラが奉仕をしました。それぞれの取り組みを通して、今後も福音が伝えられるように。

■クリスマスシーズンに、各ブロック、学内でクリスマス会が持たれます。イエス様の福音がまさに自分のことだと学生たちが知ることができるように。

■3/13-16に持たれる春期学校のために。準備をする学生たちが支えられ、奉仕を捧げることができるように。参加する学生が主の恵みを覚えることができるように。

東海地区









■12月2日のクリスマス会がよい伝道の機会となるように。また、12月28日〜29日の年末合宿が守られるように。

■学年末に向けて、テストや実習など一人ひとりが忙しくても、神様第一にした生活が守られるように。また、身体的、精神的健康面も守られるように。

■2018年も東海地区が神様の栄光をあらわす働きを担っていけるように。

■東海地区に働いてくださっている、主事、GA、協力者の健康が守られるように。

関西地区
















■11月10-11日にオータムキャンプ『証生活 ~Healthy Life~』&バイブルエキスポ(Ⅱテモテ:講師はグラハム・スミス師)が開催され、よい学びの時となりました。

■後期の学内・ブロック活動が守られるように。学内・ブロックのクリスマス会に未信の友人を誘うことができるように。

■3月13-16日に行われる春期学校の準備のために(テーマ:「M愛IN(マイン)」、テーマ聖句:ヨハネ3:16、講師:加藤郁生師)

■卒業生会:2月11-12日に行われる若手合宿(テーマ:「しずまる」、講師:正木牧人師)のために。

■清水祐太朗 GAの健康と働きが守られるように。2月中旬までデプテーションに行かれるディーン主事とご家族のために。 主事会が学生たちとよい関係を持ち、学生たちをサポートしていくことが出来るように。

■17年度の経済的な必要が与えられるように。

中四国地区

















■学生たちが福音宣教の一歩をそれぞれの学校で踏み出せるように。

■各学校に、KGKのグループができ、継続していくように。

■コンタクトのある学生が少ない鳥取、島根、山口での学内宣教のために。

■学生、卒業生がキリストにある成人として歩めるように。

■各県のOB会がよい交わりとなり、学生宣教を励ます時にもなるように。

■中四国での学生伝道のために働き手がさらに起こされるように。

■12/26-28のイシュイシャ合宿のために。

■3/13-16の春期学校のために。

九州地区











■2018年度も各県の学内活動や月例会が守られますように。 新入生がKGK活動に加えられますように。

■学生たちの信仰が健やかに育ちますように。

教会生活を建てあげる若者が起こされますように。

■NETに参加する学生のために、KGK春期学校の守りのため。熊本ボランティアに継続して参加できますように。

■主事、協力者の霊性と健康が守られますように。また家族も守られますように。誠実に神様と学生にお仕えできますように。

■ファンドレイズが満たされますように。

沖縄地区












■学生たちが日々キリストを主と告白して歩む信仰が励まされるように。

■12月9日(土)のクリスマス祝会のために。学生たちがノンクリスチャンの友人たちを誘うことができ、彼らがイエス様に出会うきっかけとして祝会が用いられるように。

■名桜大学、琉球大学、沖縄キリスト教学院大学での定期的な聖書研究会が守られるように。来る3月で卒業する学生が多いので、引き継ぎができ、新入生を誘い迎え入れるための備えができるように。

■吉澤主事と比嘉主事の働きと霊肉の健康が守られるように。

全国事務所














■70周年記念大会が祝されて感謝です。1/13(土)のアフターイベント「記念大会おかわり!」において、恵みを振り返る機会が持てるように。

■財政の必要が満たされるように。特に70周年記念献金は、11月中旬現在、達成率81%です。3月末までに目標が達成できることを願っています。

■大嶋総主事をはじめ、主事会運営委員が適切に全国の働きをフォローできるように。

■事務局の働きが守られ、学生伝道の最前線のためにより良く仕えられるように。特に忙しい1-3月が支えられるように。

■東アジア地区卒業生大会(EAGC)を、2019年8月に東京で開催することになりました。準備委員会の働きのために。各地の卒業生の交わりが豊かになるように。