祈りの課題

北海道地区










■各学内・ブロックが主への感謝をもって年度の終わりを迎えることが出来るように。4月からの新年度へ向けて、良き備えを春休みにできるように。

■3月13-16日の春期学校の準備のために。準備委員が道内各地に散らばっているため、電話会議で準備を進めています。互いにコミュニケーションをとりながらよく準備ができるように。講師の松元潤師(JECA北栄キリスト教会)の働きのために。

■リーダーの交代や引継ぎが守られるように。4月以降新しい学生が各地で与えられるように。

■杉本主事、エイリン非常勤主事の冬道の巡回が守られるように。

東北地区








■今年度は多くの学生が卒業していき、東北地区にとって転機の年になると思います。活動を担っていく後輩たちに支えがあるように。

■東北全県で活動がなされるように。繋がり、出会いが備えられるように。

■新入生のために。新しく入学する学生の中からKGK活動に参加する人が、そして責任を負っていく人が起こされるように。

北陸地区











■運営委員会の引継ぎと来年度の計画がしっかりと立てられ、神の栄光をあらわすことができるように。

■北陸の大学に新入生が与えられるように。特に、クリスチャン学生がいない大学に与えられるように。

■春期学校が守られ、よき継承の時、新しい年度のスタートの準備の時となるように。講師であられる吉澤恵一郎先生の準備のために。

■聖研に集っている学生の救いのために。

■北陸地区で1人の主事を支えることができる財政が与えられるように。

関東地区











■2/26-3/2に、NET(全国訓練会)が持たれ、関東からも多くの学生が参加します。福音を深く学ぶときとなるように。

■3/13-16に、関東地区春期学校が持たれます。参加する学生一人一人が豊かに養われ、春からの学内伝道へと送り出されていくように。

■卒業生会では、2/11-12に結婚について学ぶ合宿を持ちます。この学びと交わりのときが豊かに祝されるように。

■3月をもって、小川真主事、吉村直人主事、菊池結希主事が退任し、4月から吉澤慎也主事、塚本良樹主事、山形宣洋主事が着任します。主事会の交わりが支えられ、学生に仕えることができるように。

東海地区









■3/13〜15に東海地区春期学校が行われます。クリスチャン向けの合宿となっているので、合宿を通して互いに励まし合う、よい機会となるように。また、新1年生の参加があるように。

■3/23〜24に総会が持たれる予定です。新体制での総会になるので、十分な準備をもって総会に臨めるように。

■来年度、新1年生や新たな学生が与えられてこの交わりに加わることができるように。

■吉澤主事の関東地区異動後の働きのために。東海地区に残る河野主事、山口GAの働きのために。

関西地区
















■ブロックや学内のクリスマス会に未信の学生が参加することができました。感謝!

■学内・ブロック活動が守られ、新年度に新たな学生を迎える準備が出来るように。

■3月13-16日に行われる春期学校のために(テーマ:「M愛IN(マイン)」、テーマ聖句:ヨハネ3:16、講師:加藤郁生師)

■卒業生会:2月11-12日に行われる若手合宿(テーマ:「しずまる」、講師:正木牧人師)のために。

■清水祐太朗 GAの健康と働きが守られるように。2月中旬までデプテーションに行かれるディーン主事とご家族のために。 3月から約1年オーストラリアに行くケリー主事のために。主事会が学生たちとよい関係を持ち、学生たちをサポートしていくことが出来るように。

■関西地区の経済的な必要が与えられるように。

中四国地区





















■12/26-28のイシュイシャ合宿が良い時になり感謝。続けてこのテーマに取り組んでいけるように。

■学生たちが福音宣教の一歩をそれぞれの学校で踏み出せるように。

■各学校に、KGKのグループができ、継続していくように。

■鳥取で複数の学校のクリスチャン学生が出会えて感謝。交わりが深められ、広げられていくように。

■KGKスピリットに立って学内宣教をする学生が各県、各キャンパスに与えられるように。

■ともに学生宣教を担う新入生が与えられるように。

■学生、卒業生がキリストにある成人として歩めるように。

■各県(地域)のOB会がよい交わりとなり、学生宣教を励ます時にもなるように。

■中四国での学生伝道のために働き手がさらに起こされるように。

■3/13-16の春期学校のために。(講師:大嶋総主事)

九州地区















■2018年度も各県の学内活動や月例会が守られますように。

■学生たちの信仰が健やかに成長し、ますます教会を愛する者となりますように。新入生が与えられますように。

■主事、協力者の霊性と健康が守られますように。また家族も守られますように。誠実に神様と学生にお仕えできますように。

■ファンドレイズが満たされますように。

■夏期学校の準備、運営委員の霊性が守られ、一致を持って準備を進められますように。

■NETに参加した学生たちが九州地区にその恵みを還元できるように。

■熊本ボランティアに今年も継続して学生を送り出せますように。

沖縄地区












■沖縄の学生たちが日々遣わされた場所で、喜んで主と共に歩む信仰が励まされるように。

■2月12日に行われる学生会総会のために。来年度からの新しい役員が決まります。また、3月には多くの学生が卒業・留学します。今いる学生たちが祈りをもって新年度に備えることができ、新しい学生たちが与えられるように。

■琉球大学の聖書研究会が、公認化に向けて動き始めています。今年度中に手続きを完了し、沖 縄地区初の大学公認サークルとしてより良い活動を始めることができるように。

■比嘉萌主事と吉澤慎也主事の霊肉共なる健康が日々支えられ、その働きが守られるように。

全国事務所














■70周年記念事業は、記念献金の受付(3月末ま)を残すところとなりました。次の10年に向けた必要が満たされるように。

■大嶋総主事をはじめ、主事会運営委員が適切に全国の働きをフォローできるように。

■事務局の働きが守られ、学生伝道の最前線のためにより良く仕えられるように。特に忙しい1-3月が支えられるように。

■東アジア地区卒業生大会(EAGC)を、2019年8月に東京で開催することになりました。準備委員会の働きのために。各地の卒業生の交わりが豊かになるように。